交通事故はすぐ現場検証

交通事故を起こしたら、混乱して、焦ってしまう方が多いと思うのですが、先に必ずしないといけない行動として救急車の手配と警察への連絡になります。
そして、交通事故で怪我した人が出た場合は、安否確認と出血がひどい場合は止血処理をしていく必要があるのです。
怪我をした人の安全を第一に考えて対応する事が、救急車の手配と警察への連絡の後に求められる行動になります。

そして、怪我をしていない方を中心に、すぐに現場検証が行われるのですが、これは現場に痕跡や状況を教えてくれる証拠が残っているうちに対応します。
現場検証は当事者の立ち会いのもと、詳しく詳細を聞かれるので、当事者はしっかりと答える事が求められるのです。
また、現場検証をするにあたってその場の交通に影響を与えてしまうので、警察官の方もできるだけ早く終わらせるように要点だけを聞いて対応します。

当事者としては、今後の自分への対応や怪我をした人がいたらその人の状況が気になると思いますが、現場検証はこれからの対応に大きな影響を出してくるので、しっかり協力していきましょう。
交通事故は起こしたくて起こす方はほとんどいない出来事なので、起こした時点でパニックになってしまう方多いと思うのですが、現場検証は自分の主張を支えてくれるものにもなっています。
特に当事者同士の意見が違っている時などは、現場検証の結果をもとに詳しく調査されるので、何が正しくて何が間違っているのかという事も分かるのです。

Copyright © 2014 交通事故処理について All Rights Reserved.